賢者の孫は異世界転生系の作品で、現代知識を活かした圧倒的な強さが魅力となっています。

これは面白かった!と強くお勧めしたいのは「賢者の孫」というマンガです。

現代社会でサラリーマンが突如不慮の事故に巻き込まれて死亡し、異世界で赤ん坊へと転生します。
しかし運悪く馬車で移動中に魔物に襲われ、赤ん坊一人だけ生き残っていました。
そこに出くわしたのがこの世界最強の魔術師である賢者マーリン・ウォルフォード。
生き残った赤ん坊を引き取って育てることにしました。

赤ん坊はシンと名づけられ、賢者の教えで魔法はメキメキ上達。
武器・防具・装飾品への魔力付与は賢者マーリンと同格の魔導師メリダから、剣術は剣聖と呼ばれた元王国騎士団長ミッシェルから習い、魔法・魔力付与・剣術と死角のない超人シンが誕生したというわけです。
普通に教えてもらってもメキメキ上達するのは間違いないというのに、現実世界の知識のあるシンは恐ろしいほど強力な力を得ます。
例えば初期魔法ファイアを唱える場合、普通の魔術師はファイアの魔法を唱えるだけです。
しかしシンの場合、火の勢いを強めるには酸素が必要だ・・ということで酸素も供給するわけです。
当然普通のファイアより威力は増します。
このように現実世界の知識を魔法に取り入れることで、威力の強い魔法やシンだけのオリジナル魔法を作っていくことになります。

ただ問題だったのは、シンに一般常識がない点です。
シンからすれば、世界最強の魔術師である賢者マーリンはただのおじいちゃん。
魔導師マーリンはただのおばあちゃんですし、ミッシェルは武術の出来るオジサンという認識です。
当然彼らを一般レベルだと考えますし、気づけばシン一人で国を相手に出来るほどの超戦力と化していました。
一般常識を身に付ける為、マーリン友人ディスおじさん(本当はアールスハイド国王)の勧めでアールスハイド魔法学院に入学し、友と呼べる仲間を得たり、魔人と対決することになります。

この作品で面白いのは、現実世界の知識を用いてよりオリジナル魔法や魔導具を開発していく所ですね。
シンが魔法や魔導具を開発する度に周囲から、またやったか!自重しろ!とまで驚かれるのは痛快です。
生まれ持ったチート能力ではなく、生前の知識と地道な努力で強くなっていく様も好感が持てますし、現在イチオシの異世界マンガです。

PS4ボーダーランズの口コミ

PS4のボーダーランズダブルデラックスコレクションを遊びました。このソフトはPs3で発売されたFPSRPGゲームのボーダーランズ2とボーダーランズ プリシークエルの2本を全DLC入りでまとめたお得なセットです。なんと1500円くらいで購入出来ちゃいました。
内容は私が生涯でプレーしたゲームでも3本の指に入る名作でした。
①キャラが素晴らしい
インチキロボットのクラップトラップを筆頭にどこかネジの外れた個性的なキャラがたくさん出てきます。敵キャラやボスも非常に個性的で特にラスボスのハンサムジャックは最高です。悪役らしい悪役ですがどこか憎めない面もありファンも多いと思います。味方キャラではなんと言ってもタイニー・ティナが最高です。惑星パンドラ一危険だと言われている13歳の爆弾魔少女なんて聞いただけでぶっ飛んだ設定です。
洋ゲーとしては極めて珍しい少女粋のキャラクターですが、この子がいちいち面白可愛いんです 。ティナがしゃべるだけでニヤニヤしちゃいます。

②武器収集が熱い
ボーダーランズはいわゆるハック&スラッシュゲームで敵がランダムに落とした武器を拾って強くなるゲームなのですが、この武器の種類が半端なく多いんです。色で分けられておりレアな紫やレジェンダリのオレンジが見えた時には脳汁が出まくります。
③日本語ローカライズが素晴らしい
キャラの素晴らしさを際立たせているのが声優陣です。大量にのテキストは全て日本語吹き替えがされておりホント自然な感じで個性的な吹き替えがされてるんです。もし吹き替えだとしたらここまでは楽しめなかったと思います。
④とにかく打ちまくるのが楽しい
あんまり真面目なゲームじゃないんでとにかく銃を撃ちまくっ個性的なキャラと戯れてるだけで楽しいです。もちろんスキル構成を考えたりするのも楽しいですけどね。

ワキガクリーム効果

私のおすすめはブラックジャック

私が紹介したいアニメはブラックジャックになります。
子どものときに漫画で読んだことがあるという人も多いかもしれませんが、アニメでも放送していました。
ブラックジャックというと、医療を扱った作品という印象しかない人もいるかもしれませんけど、結構深いテーマを扱うこともあるのです。
ブラックジャックという作品では、その都度いろいろな話が放送されていますけど、特に「ちぢむ!」という衝撃的でした。
ブラックジャックは心に残る話が多いものの、その中でも群を抜いているのがこの回で、最終的にはブラックジャックこと間黒男が、自分が医者である意味が分からなくなってしまうという結末になっているのです。
この話は、現実世界にも存在する部分を描いているのですが、医者が人の命を救うことで、死ぬ人が減るので、世界的に人口が増え続けるという状況が起きます。
そうなると、限りある地球上の資源を奪い合うことになり、結果的に飢えてしまう人が増えることになるのです。
つまり、医者が人の命を救うから、人がその分死んでしまうという皮肉な状況が起きるということにブラックジャックは気付き、自分が医者であることの意味を感じられなくなってしまい、絶望するというのがこの回のラストシーンです。
ブラックジャックは単なる医療のアニメということではなく、社会に対する問いかけのような部分を含むことがあり、そういった話は本当に面白いと感じます。
面白いというか、いろいろと考えることがあって、自分の価値観に影響を与える存在という言い方が正しいでしょうか。
ブラックジャックは見ていて飽きないアニメで、勉強になる部分も含めて何度も見たいと思わせる魅力があります。
作品自体の原作はかなり昔に書かれたものですが、現代でアニメとして視聴しても楽しむことができます。

リメンバーミーの感想

ディズニー映画のリメンバーミーを見ました。音楽と家族の話と聞いてぜひ夫と見に行きたいと思い夫を誘って行って来ました。私は妊娠中だったので家族をテーマにした映画を夫と見たかったのです。また私も夫も音楽を仕事にしており音楽もテーマにした映画にとても惹かれました。
まず、始めは主人公の男の子の音楽をやりたい気持ちが家族に伝わらず切ない思いになりました。でも、男の子の音楽が大好きな気持ちはとても共感できました。男の子が死の世界にいき、冒険する場面、家族を思い一生懸命な姿思わずがんばれと言いたくなります。またミュージカルのような歌う場面があるところは引き込まれました。また、映像もとても綺麗。カラフルでキラキラしていて、素敵です。
中盤までは冒険のハラハラドキドキという感じですが終盤は感動でいっぱいです。
嘘?!とビックリする場面もあり!
家族が1つになれたときは、涙ボロボロでした。泣きながら歌を歌うシーンは
涙があふれてしまいました。
また、リメンバーミーの歌も本当に素敵で今でも口ずさんでしまうくらい
素晴らしい楽曲だと思います。
旦那もアニメは一切見ないのですが、涙があふれてきたそうです。
この映画を見て、やっぱり家族っていいな、ととても思えます。
1人で見るのも良いけど、家族で見るのも絆が深まりそうな気がします。また、私のように妊娠中であったり、これか結婚するカップルは、もっと家族の素晴らしさを感じることができると思うのでおすすめです。
父や母が子供を思う気持ち、大切に育ててきたかけがえのない気持ち、その大きさに感動しかない素晴らしい映画でした。
子供が映画を見れる年齢になったらざひ一緒に見たいと思います。
アニメだけど大人も十分楽しめる映画です。ぜひおすすめしたいです。

「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」

私のおすすめは「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」です。これはソードアートオンラインのスピンオフ作品になります。キリトたちは全く出てきませんがGGOゲームの中の話なので時々「こんな人がいた」程度でチラッと出てきたりします。

主人公のレンはリアルでは背が高いのが悩みでせめてゲームの中だけでも小さく可愛い女の子になれたら!と思い様々なゲームを試しますがどれも理想のアバターとは遠くてがっかりします。唯一小さくかわいい女の子のアバターになれたのがGGOでした。

レンちゃんの姿がほんとにかわいいので見てて癒されます。ですがガンゲームなのでけっこうエグイシーンが多いです。でも気持ち悪いグロいなどではないので安心してください。

ピトフーイの正体はやっぱりなというバレバレ感があったのでもう少し隠すか逆に視聴者にはバラして楽しむかしてほしかったかもしれません。ピトフーイは狂気に狂っているんだけどたかだかそれだけのことでどうして狂気に狂わなければいけなかったのかももう少し掘り下げてほしかったかなぁ。

エムがどうしてそこまでピトフーイのことを愛しているのかも全然明かされていないからなんで「イケメンなのになんでこんな気狂った女が好きなの?」って感じで全く共感できないんですよね…

ピトフーイのエグさはチート級ですごいのですがなんでこんな強くてすごいのかも全然わかりません。

対戦相手の「SHINC」チームはみんないかついコマンダーなのに中身は可愛い女子高生っていうのは面白かったです。後半出てくるフカ次郎もかわいいですね。

ラストはハッピーエンドでしたが「えっ?これで終わり?」感があったのでもう少し引き延ばしてほしかったかな。

本好きの下剋上という漫画

原作は小説家になろうというサイトで公開されている小説のようですが、漫画を読んで一気に興味がひかれ、原作も一気読みしました。
現在漫画で公開されているのは第1章のようです、原作は6章までありますが、見事な作品の作り込み具合でした。
あらすじとしては本が大好きだった女性が地震で本に潰され死亡し、異世界に転生するというなろう系のありがちな転生ネタです。
ところが最初はチートどころか、5歳だし病弱だし何もできないしその上家も下町の貧乏家族で暮らすのがやっと。
本でもあれば我慢できるのに、と思っても文明レベルが昔なので本は高価で貴族の道楽品、庶民には無用の長物で親は読み書きもできない、ということでそこからなんとか本を求めて主人公のマインちゃんが四苦八苦して頑張るお話です。
そもそも本どころか紙は羊皮紙で非常に高価なので文字すらお目にかかれない、ないなら作るしかない!という根性で何とかして書くものを作るところから始まります。
しかしマインは病弱で、家から出ることもままなりません。姉や近所の少年に手伝ってもらいながら何とか紙をつくろうとしますが、一から紙をつくるにしてもお金も知識も経験も不足している、そこで何とか資金を得るために商人に渡りをつけ、なんとか植物紙を作ることに成功します。
そこで得た利益で本を広げようとした矢先に、自分の病弱な体質が病気ではなく、身食いと呼ばれる魔力の放出ができずに起こる現象だと知るのです。
平民の身食いはそのままではただ自分の魔力に食われて死んでしまうだけ、どこかの貴族と永続的な契約をして高価な魔術具を分けてもらわないといけないのです。
そのためには家族と離れて一生貴族に飼い殺されなければなりません、それを良しとできなかったマインは、家族のもとで朽ちていく事を望みます…。
続きは是非本編をご覧下さい、最後は壮大なハッピーエンドが待っています、笑いあり感動ありの転生ファンタジーです。
女性は勿論男性でも楽しめる作品だと思います。

まっちゃんのセンスが好きでした

ダウンタウンの松本人志監督の2作目「しんぼる」は、これまでの4作品の中では最高傑作といえます。松本人志監督自身がメディアでそう公言しているように、素晴らしい作品です。ストーリーは特にはなく、パジャマ姿の男が真っ白な部屋に閉じ込められているシーンから始まります。その後、その部屋から脱出を試みるだけのごくごくシンプルな内容の映画です。松ちゃんのコントやネタなどは、以前から賛否が分かれる傾向でしたが、この作品は特にネットで賛否両論を巻き起こしました。いわゆる映画を期待して観た人は一様に否定的な意見を述べていますが、先入観なく面白いものを観たい人には高評価となっています。パジャマ男は、白い部屋にある色々な物を使って脱出を試します。白い部屋には何故か様々な物が置いてあり、途中いつの間にか増えてきて、それらを使って、または組み合わせを試してみます。食事用に寿司が出てきたり、黒人の原住民のような人が突然走って部屋に入ってきたり、ロープが上から垂れ下がってきたり、全く脈略が無いような様々な物があります。最終的にはそれらを組み合わせて部屋を脱出できるのですが、脱出した後にパジャマ男は神のようなキリストのような姿に変貌して、地球と対峙すると場面で映画は幕を閉じます。白い部屋と並行して、ザラついたメキシコかどこかの大地のカットから始まる、プロレスラーの世界も挿入されます。白い部屋とプロレスラーの世界が交錯する点が「しんぼる」の特異な点で、次第に白い部屋で発生したことがプロレスラーの世界に介入していくようになります。これは世の中で起こるあらゆる出来事は、何かとの関係性によって成り立っている、仏教的な世界観を表していかのようです。このような映画なので、観る人によっては意見がハッキリとわかれます。

女子とおっさんの身体交換

終始笑って観ていられる楽しいコメディー映画です。
とある普通の女子学生が、あるアイテムの魔法の力がきっかけで、おじさんと体が入れ替わってしまいます。思春期の女の子と、悪さを繰り返す少々素行の悪いおじさんの入れ替わり。
女の子がおじさんの体になり様々な「男としての生活」を味わうのがとても面白いです。
体中の体毛に悲鳴を上げたり、おしっこがうまくできなかったり。
ただ、心は女の子のままなので、体中をくまなくケアします。鼻毛カッターで悲鳴を上げる中年。おじさんの見た目で女の子の服を着てみたり。なかなかひどい絵です。
おじさんの見た目を隠しきれるわけもなく、別人として家族と接する時間があったりと、最後まで苦労が絶えません。
周りの事情を知る女子達の反応も様々。
そのままでは、せっかくうまくいっているボーイフレンドともうまくいかなくなってしまう。女の子は、周りの友達の手を借りながら、必死に元の体に戻るために、入れ替わった相手を探します。
その相手は、完全なチンピラのようなおじさん。女の子の見た目になったのを利用して、悪さの限りを尽くします。ボーイフレンドをだましてみたり、その見た目のままで暴行事件を起こしてみたり。
ただ、救いは、大きな犯罪は起こしません。チンピラですし、なにせコメディー作品ですので。
古い作品にはなりますが、古い新しいという事を考えずに観られます。
最近の映画と違ってとても分かりやすく、とても痛快で観ていて疲れる事もなく、お気軽に視聴できる作品だと思います。
最後の落ちもかなり面白く、最後まで飽きずに楽しめると思います。
考えながら映画を観たくない。ただ、それなりに面白い、笑える映画を観たい。そう思っている方に是非観て頂きたいコメディー映画です。

言の葉の庭は美しい

秒速5センチメートルを観たときから、映像美系病みアニメつくらせたら新海誠さんの右に出る人いないわーと思っていましたが、この作品でその印象がより濃厚になりました。
まず映像ですが、東京の某公園をモデルにして背景を描かれているそうですね、緑と雨の描写がとにかく美しい。
作品の内容を深く考えず、音無しでこの映像を流しているだけでも目が癒されそうです。
いやほんと、今の日本で、風景描写で右に出るアニメ映画はないんじゃないかな。
美麗なアニメーションがお好きな方は、新海誠さんの作品を観て損はないと思います。

内容については、自身の経験とリンクするものが多々あり、他人事として観れませんでした。
まず、理不尽な理由で休職に追い込まれて、出勤できなくなってしまうシーン。
憂鬱を落ち着かせながら頑張って着替えて、出勤する手前で足が止まってしまって、でも家に帰るのは罪悪感が許さないから、近くの公園で時間を潰して。
時間を潰すベンチも屋根があったり、周りに木が生い茂っていたりと、自分が日常から逃げている罪悪感があるから、人目を避ける場所を無意識に選んでしまったり。
これ、私も経験あるんですけど、本当にこういう行動になるんですよね。

あと、ファンデーションが割れただけなのに、急に耐え切れなくなって泣いちゃうシーンとか。
何とも無い人が観たら「は?意味わかんない。何コイツただのメンヘラじゃん」って思うでしょうけど、精神的に追い詰められていると、本当に些細なことで耐えられなくなる瞬間があるんですよ。
こういう些細な精神面の描写が秀逸すぎて、当時を思い出し、所々で胸が締め付けられました。
これだけ真に迫る描写ができるということは、この作品を作った人は、ご自身もこういう経験をされた方なんでしょうね。
当時の自分だけがおかしかったわけではないのだと、少し安心することができました。

アニメも映画も音楽も、マイナスに陥っているときに明るいものを見聞きすると、余計に滅入るんですよね。
こういう作品は、どん底に落ち込んでいる人を癒す力があると思います。
私はこの作品に出会えて、救われた気持ちになりました。
ただ、現在メンタルが上を向いている方は、ちょっと引きずられる可能性があるのでオススメしません。

ネットフリックスが配給している数あるオリジナルドラマの中でも格別の面白さを誇るシリーズである。

ストレンジャーシングス Stranger Things シーズン1、2

物語の舞台はアメリカの田舎町で、年代はアーケードゲームが盛んだった80年代、主人公はオタク。友達もオタク。ヒロインもすごく可愛いというわけでもない。(ほとんどのシーンで坊主だし、子供だし)
ただ、そんな静かな田舎町に原因不明の怪奇現象が起こり始める…それが幽霊なのか殺人鬼なのかはギリギリまで分からない。ミステリーサークルができたり、その当時、流行った怪奇現象や都市伝説のようなものが要所要所に織り込まれ、前述したアーケードゲームなどと合わせ、その当時を生きていたわけでもないし、ましてやアメリカに住んでいたわけでもないのだがどこかノスタルジックのように感じ、終始そのような雰囲気を物語が醸し出している。また、その感情を後押しするように8bitのような音楽のテーマソングやBGMが秀逸である。
もちろん肝心の物語のほうも、怪しげな施設から抜け出した女の子、通称イレブンと呼ばれる超能力者がいて物語の鍵を握るヒロインが非常に怪しげであるが少女が持つ儚さと脆さを演じている女優がうまく表現していてストーリーを引き立てる。物語を通じて少年少女の成長が描かれていて、思春期ゆえの衝突やもどかしさも視聴者の経験を追体験しているようで、視聴が止まらないきっかけを作っている一つになっている。
シーズン1の終盤は敵の親玉と対峙し、決着を迎え無事にハッピーエンドを迎えるのだが、それと同時にイレブンも消失してしまう。シーズン2からは、イレブンが抜けた後の各々の物語を描いていて、そこから再会、新たな強大な敵との対峙に至る。アメリカドラマ特有の続きがありそうな感じで幕を閉じているため。シーズン3が出た暁には、一気見しようと思う。